• ホーム
  • 製品情報
  • ソリューション
  • カタログ・資料
  • 会社案内
  • Corporate Profile English
  • 公式ブログ
  • 製品一覧
  • ストレージ
  • 生体認証
  • オプティカル
  • ソフトウエア
  • 便利グッズ
  • UPS(無停電電源装置)
  • 監視カメラ・映像
  • CMT レンタルサービス
現在のページ
ホーム > 製品情報 > SIOS LifeKeeper

SIOS LifeKeeper

製品一覧へ戻る

HA(ハイアベイラビリティ)クラスタリング・ソフトウェア

LifeKeeperは、「HAクラスタソフトウェア」というカテゴリーに分類されるソフトウェアです。
HAクラスタとは、サーバを冗長化することでシステムの停止時間を最小限に抑え、可用性を高めるシステムの構築手法であり、LifeKeeperはそれをソフトウェアベースで実現します。
HAクラスタでは通常、サービスを提供するアクティブ(実行系)サーバと、同じ構成のスタンバイ(待機系)サーバを用意します。
そして、アクティブサーバに障害が発生したときに、スタンバイサーバにサービスを引き継ぎます。
この構成により、サーバに障害が発生しても、クライアントに影響を与えることなく、サービスを提供し続けることが可能になります。

システム構成

(1) 共有ディスク構成

外部ストレージを共有ディスクとして用いる一般的なHAクラスタシステム構成です。
ストレージおよびマルチパス構成を含めたクラスタシステムの試験を実施しており、より信頼性の高いフェイルオーバを実現します。

(2) データレプリケーション構成

高価な外部ストレージを必要とせず安価にクラスタシステムを構成可能 です。
サーバ毎に接続されたローカルディスクをレプリケーションすることで、 ミラーボリュームを作成し、共有ディスクとして扱います。
これにより 物理的な制約がなくなるため、遠隔地へのフェイルオーバーも可能 となります。

LifeKeeper for Linux

システムの特長

1. 高信頼性

システムの年間稼働時間を99.99%にまで引き上げます。 また、システムやサーバの計画停止中もクライアントへのサービス提供が可能です。

2. 優れたコストパフォーマンス

商用UNIXと同等の信頼性を低コストで実現します。

3. 容易な運用、管理

JavaベースのGUI管理画面により管理者の負担を軽減し、担当者による操作ミスを削減します。

4. 多様なシステム構成

最大32台のサーバを使用し、柔軟なシステム構成をとることができます。

基本機能(Core Application)

  • 障害検出機能
  • IPフェイルオーバー
  • 共有ディスク(ファイルシステム)フェイルオーバー
  • IP、ファイルシステムのフェイルオーバーを基本とした任意のAP(プロセス)のフェイルオーバー機能
  • GUI管理ツールによる設定、管理機能
  • 最大32ノードまでのカスケードフェイルオーバー
  • TTY、TCPを使用したハートビート
  • RAW/IOリカバリー
  • CCISSリカバリー
  • IPS/ServeRAIDリカバリー

アプリケーションリカバリーキット(ARKs : Application Recovery Kits) ※オプション

リカバリーキットとは

各アプリケーションに特化したリソース定義、リソース間の 依存関係定義、障害検出機能、フェイルオーバー機能、運用管理機能を提供します。
リソース定義・修正時には動作環境のチェックも同時に 行うため従来必要だったスクリプトのテストは不要です。

LifeKeeper for Linux Core Application(クラスタ基本機能)

  • 障害検出(ノード・SCSI・IP・Filesysytem)
  • File Sysytem Recovery Kit
  • GUIインタフェース
  • Generic Application Recovery Kit
  • RAW I/O Recovery Kit
  • IP Recovery Kit
【Application Recovery Kits】
Web Apache Web Server x/SSL Recovery Kit
Mail Sendmail Recovery Kit(Open Source Sendmail)
DB

DB2 WE,EE,EEE,ESE,WSE Recovery Kit

PostgreSQL Recovery Kit

Oracle Recovery Kit

Infomix Recovery Kit

MySQL Recovery Kit

Sybase Recovery Kit

File System

NFS Server Recovery Kit

LVM Recovery Kit

Network Attached Storage Recovery Kit

Samba Recovery Kit

Maluti path

SDD Recovery Kit

LifeKeeper PawerPath Recovery Kit

Device Mapper Multipath(DMMP) Recovery Kit

Others

Ratinal ClearCase ARK

DRBD ARK

Software RAID(md) Recovery Kit

WebSphere MQ Recovery Kit

VMware ESX Server Virtual Machine Recovery Kit

【LifeKeeper for Linux Solutions】

LifeKeeper for Sendmail SAMS Solution on Linux

LifeKeeper for DRBD Solution on Linux

LifeKeeper for Sendmail Mailcenter Solution on Linux

【LifeKeeper Extender for Linux (SDK)】

※最新のARKについては、メーカホームページをご覧ください。

LifeKeeper for Windows

システムの特長

1. 設定・運用管理、全てGUIにて操作可能

GUIウィザードだけで、全ての操作・設定を行うと共に、Active Directryを設定することなく、HAクラスタが構築できます。

2. 共有ディスクが不要

既存システムにもう一台サーバを追加するだけで、HAクラスタが構築可能。
その為、最小限のコスト投資でシステム構築ができます。

3. CDPで任意の時点にデータリカバリが可能

データが更新される度にそれらを全てトラッキングして変更履歴を記録してゆくので、あらゆる時点へデータリカバリができます。

4. 多様な環境へ対応

仮想環境をはじめ、同期・非同期モードのデータレプリケション、ワイドエリアディザスタリカバリ等、企業の様々な環境へ対応できます。

5. Application Recovery Kitを使用して、スクリプトレスでアプリケーションを冗長化

業界最多のアプリケーションに対応しており、アプリケーション化されていないものでも標準で用意されているGeneric ARKと呼ばれるフレームワークを使用して、あらゆるアプリケーションのクラスタ化を行うことができます。

LifeKeeper for Windowsは、HAクラスタを導入するには多大な追加投資が必要で構築が困難だというこれまでの概念を払拭し、最小限のコスト投資でミッションクリティカルなシステムの構築を可能にします。

基本機能(LifeKeeper Protection Suite)

  • 障害検出機能
  • IPフェイルオーバー
  • ディスクボリュームリカバリー機能
  • IP、ファイルシステムのフェイルオーバーを基本とした任意のAP(プロセス)のフェイルオーバー機能
  • GUI管理ツールによる設定、管理機能
  • 最大32ノードまでのカスケードフェイルオーバー
  • TTY、TCP、ディスクを使用したハートビート
  • LAN Managerリカバリー機能
  • Generic ARK
  • Microsoft IISリカバリーキット
  • DNS リカバリーキット
  • LifeKeeper Data Replication for Windows をバンドル

アプリケーションリカバリーキット(ARKs : Application Recovery Kits) ※オプション

リカバリーキットとは

各アプリケーションに特化したリソース定義、リソース間の 依存関係定義、障害検出機能、フェイルオーバー機能、運用管理機能を提供します。
リソース定義・修正時には動作環境のチェックも同時に 行うため従来必要だったスクリプトのテストは不要です。

【LifeKeeper Protection Suite】
LifeKeeper Protection Suite for Windows

Volume Recovery Kit

IP Recovery Kit

LAN Manager Recovery Kit

Generic ARK

SteelEye Data Replication for Windows

IIS ARK

DNS Recovery Kit

Language Suppliment CD
(GUI/Helpを日本語化するツールと日本語マニュアル)

【SteelEye Data Replication 】
SteelEye Data Replication for Windows 2 台のサーバでの同期 / 非同期ミラーリング CDP 機能
【LifeKeeper Protection Suite for Windows Application 】
LifeKeeper Protection Suite for SAP/Oracle on Windows 「LifeKeeper Protection suite for Windows」に
Application Recovery Kitを1ノード含んだバンドル製品
LifeKeeper Protection Suite for IBM Director on Windows
【Application Recovery Kit 】
Microsoft Exchange Server recovery Kit 「LifeKeeper Protection suite for Windows」に追加する
Application Recovery Kitを使用する場所のオプション製品
Microsoft SQL Server Recovery Kit
Oracle Recovery Kit
VMware Virtual Center recovery Kit
DB2 Recovery Kit
【LifeKeeper Extender 】
LifeKeeper Extender for Windows ARKで対応していないアプリケーションをLifeKeeperの保護下に置くためのツール、サンプル、および手順提供

HAクラスタ構成1-ストレージ共有型(Active-Standby)

ハードウェア構成
Linux・Windows Server x 2台
ASM-8500D FC-RAIDr x 1台
ソフトウェア構成
LifeKeeper for Linux V6 x 2本
  • 自動/手動フェイルオーバー機能
  • Non Stop障害復旧
  1. Server2台でクラスタリングしActive(現用系)に障害が発生した場合Standby(待機系)に自動あるいは手動で切替える。
  2. Active系とStandby系でストレージ(データ)を共有。
  3. ストレージはRAID1あるいは5で可用性を持たせる

HAクラスタ構成2-ストレージ共有型(Active-Active)

ハードウェア構成
Linux・Windows Server × 2台
ASM-8500D FC-RAID × 1台
FC HBA QLA2460CK × 2枚
FCケーブル(5m) × 2本
ソフトウェア構成
LifeKeeper for Linux V6 × 2本
Oracle/DB2/Sybase ARKs × 2本
  • 自動/手動フェイルオーバー機能
  • Serverとデータの二重化(冗長性)
  • Non Stop障害復旧
  1. Server2台でクラスタリングしActive(現用系)-Activeとする。
  2. 2台のServerは互いに動作しストレージ内のミラー構成されたディスクにリアルタイムにデータを書込む。
  3. Serverとデータディスクに冗長性を持たせる

Download

営業的なお問い合わせ、カタログのご請求、テクニカルサポートなどはお気軽に下記よりお願いします。

カタログDownload

ページトップ