• ホーム
  • 製品情報
  • ソリューション
  • カタログ・資料
  • 会社案内
  • Corporate Profile English
  • 公式ブログ
  • 製品一覧
  • ストレージ
  • 生体認証
  • オプティカル
  • ソフトウエア
  • 便利グッズ
  • UPS(無停電電源装置)
  • 監視カメラ・映像
  • CMT レンタルサービス
現在のページ
ホーム > LTFSとは?

LTFS とは?

LTFS(Linear Tape File System)

LTFS(Linear Tape File System)とは...

LTFSとは、LTOをOSのファイルシステムとしてアクセスできるようにする革新的な技術です。LTFSをインストールすると、LTOテープをハードディスクを扱うように利用することができます。

これによりユーザーは、デスクトップOSなどから直接、テープドライブ内のデータを参照できるようになります。それだけでなく、ディスク内のファイルを扱うのと同様に、ダブルクリックで実行したり、ドラッグアンドドロップでコピーしたりすることができます。バックアップソフトウェアでディスクに展開せずに、直接テープ内のデータを扱えるようになります。

LTFS

LTFSの主な特徴

テープドライブ内のデータへ直接アクセスが可能

テープドライブ内のデータが、OSのファイルシステムとしてアクセス可能です。テープ内データへアクセスするのに、バックアップソフトウェアは必要ありません。USBメモリのデータを扱うのと同様に、エクスプローラなどで、直感的にデータの読み書きや管理が可能です。

LTFS

 

 

 

 

 

スムーズで低コストなデータ共有

LTFSで記録されたデータは、LTFSをインストールした他のPCやサーバでも読み書きすることが可能です。サーバのプラットフォーム環境に依存せずに利用が可能ですので、取引先などとのデータ交換を大容量で低コストなLTOテープで実現することが可能になります。

 

 

 

 

高価なバックアップソフトウェアは不要

LTFSのドライバは、ドライブメーカのサイトから、無料でダウンロード・インストールすることが可能です。バックアップソフトウェアなど、テープ管理ソフトウェアの複雑で専門的な知識も不要となります。

 

LTFSの利用イメージ

LTFSの利用イメージ

LTFSに適した利用用途としては、大容量データのアーカイビングです。定期的にバックアップする用途よりも、書き換えの少ないデータを長期的に保存する用途に適しています。

 


●放送局・・・映像データのアーカイブ

film

●医療機関・・・電子カルテデータ等のアーカイブ

電子カルテ

●製造業・・・CAD図面などのアーカイブ

 

CAD

●大量のデジタル・データを扱う大学などの研究機関など

・・・データベースやEメールなどのアーカイブ

DB

 

LTFSを使ったメリット

容易で直感的な操作感

上述のように、テープドライブ内のデータに直接アクセス出来ますので、操作が簡単です。エクスプローラ等により、データのドラッグ&ドロップや、コピー、削除、プログラムの実行などが可能です。

データはドラッグ&ドロップ、コピー、削除などが可能

 

 

データの長期保存

テープの特性、メリットであるデータの長期保存が容易に可能です。 カートリッジ形式のため、大量のデータをテープドライブから取り出して、長期的に外部保管することが可能です。

TCO(総所有コスト)の削減

テープ管理ソフトウェアが不要なため、高価なバックアップソフトウェア等を購入する必要がなく、また操作が簡易的なため管理コストを低減することができ、TCO(総所有コスト)の削減に非常に有効です。

LTFSの対応規格

LTFSの対応規格

規格 LTO7 LTO6 LTO5 LTO4 LTO3 LTO2 LTO1
LTFS対応 - - - -
LTFSはLTO7、LTO6、LTO5が対応規格です。

 

対応製品

対応製品は、こちら

営業的なお問い合わせ、カタログのご請求、テクニカルサポートなどはお気軽に下記よりお願いします。

カタログDownload

ページトップ